Site
News
新着情報 「全国やぶさめ競技遠野大会」開催 2021/07/23  
新着情報 701年(大宝元年)「厩牧令」に記された陸奥国 2021/07/22  
新着情報 701年(大宝元年)日本の競馬発祥 2021/07/22  
新着情報 5世紀後半 東北最古の馬骨出土の遺跡 2021/07/22  
新着情報 「血統登録審査」実施 2021/07/09  
新着情報 「東京チャグチャグ馬コ」の活動が紹介されました 2021/06/25  
各団体の取組 チャグチャグ馬コPhotoMap「Suzunone~すずのね~」の取組 2021/06/12  
新着情報 「2021年こどもスポーツ流鏑馬大会」開催 2021/05/12  
新着情報 農業科学博物館企画展「馬と農民」 2021/05/12  
event 岩手県の主な馬事イベント 2021/04/21  
イメージ

7月18日(日)、遠野市宮守町柏木平で「全国やぶさめ競技遠野大会」が開催されました。
今回は、新型コロナウイルス感染症の影響で無観客での開催となりました。

続きを見る


イメージ

天武天皇のころ大宝元年(701)に制定された大宝令により、馬産、育成に重点をおいた厩牧令(くもくりょう)が施行されます。これを土台にし、東北、関東地方を中心に馬牧が増えていきます。

続きを見る


イメージ

初めて、競馬について記載されたのが『続日本紀』。
「丁丑。《五》令群臣五位已上出走馬。天皇臨觀焉。」大宝元年(701)5月5日に「群臣も集まり天皇に競馬を献上した」と記載されています。

続きを見る


イメージ

現在、東北地方で確認されているウマの最古段階の資料は、5世紀後半~末ころの奥州市水沢区中半入(なかはんにゅう)遺跡出土の3体分の馬骨と歯牙とされています。

続きを見る


イメージ
「血統登録審査」実施 :遠野市
2021/07/09

7月1日(木)、2日(金)、遠野市の荒川高原牧場にて、「血統登録審査」が実施されました。 これは血統証への登録に向けて、馬の名前、生年月日、毛色、特徴などを調べるものです。 当日は、馬の生産者立会いのもと、岩手県畜産協会 … 続きを読む 「血統登録審査」実施

続きを見る


イメージ

東京や県内でチャグチャグ馬コの保存に向けた活動を続けている団体「東京チャグチャグ馬コ」(斎藤正信代表)が、国内外の馬事情報を取り扱う雑誌「馬ライフ」で紹介されました。

続きを見る


イメージ

東京や県内でチャグチャグ馬コの保存に向けた活動を続けている団体「東京チャグチャグ馬コ」(斎藤正信代表)は、遠隔でも人々がチャグチャグ馬コを体験することができる取組「Suzunone~すずのね~」を始めました。

続きを見る


イメージ

5月5日(水・祝)遠野郷八幡宮(遠野市)で「2021年こどもスポーツ流鏑馬大会」が開催されました。
会場となった遠野郷八幡宮では、来場者の検温、連絡先の記入、手指消毒など、コロナ感染対策が施され、遠野市内外から20人の子どもが射手奉行(いてぶぎょう)として参加。
馬場には3つの的が設けられ、衣装をまとった子どもたちは引き馬の上から矢を放ち、練習の成果を披露しました。

続きを見る


イメージ

■第85回企画展『馬と農民~「糠部駿馬(ぬかのぶのしゅんめ)」「南部駒(なんぶこま)」と農家との関わり~』
開催期間:令和3年3月3日(水)~6月30日(水)
場所:岩手県立農業ふれあい公園・農業科学博物館(北上市飯豊3-110)
電話:0197-68-3975
休館日:月曜日(月曜日が祝日の場合は直後の平日)
入館料:一般300円、学生140円、高校生以下無料、団体割引あり(20人以上)
※ 障がい者手帳の交付を受けている方、介護サービス事業で入館される方は無料

続きを見る


イメージ
岩手県の主な馬事イベント :岩手県
2021/04/21

岩手県で開催されている馬に関係するイベントの年間スケジュールを掲載しています。

続きを見る


イメージ
軍馬の郷六原資料館 :金ケ崎町
2021/04/20

「軍馬の郷六原資料館」は、1911年(明治44年)旧陸軍が軍人の官舎としてに建築したものを、2015年(平成27年)に改修。軍馬の育成から供給までを担った当時の写真や軍馬に関する資料が展示されています。

続きを見る


イメージ

「東京チャグチャグ馬コ」が2019年から取り組む「チャグチャグ馬コ共同馬主プロジェクト」は、今年もクラウドファンディングを活用したチャグチャグ馬コ等への支援を行います。

続きを見る


イメージ

この度、遠野市陸上競技会の主催により、遠野馬の里のダート走路を走るリレーマラソン大会が初めて開催されることとなりました。

続きを見る


イメージ

3月9日(火)、岩手競馬の2020シーズンを通じ活躍した優秀馬や騎手、厩舎関係者の栄誉を称える「2020 IWATE KEIBA AWARDS」授賞式が開催されました。

続きを見る


イメージ

3月9日(火)、岩手県庁において、岩手競馬所属騎手が「いわての学び希望基金」に寄附金を贈呈しました。

続きを見る


イメージ

岩手県立農業ふれあい公園・農業科学博物館(北上市)において、現在、第85回企画展「馬と農民」が開催されています。

続きを見る


イメージ

 岩手県馬事文化地域連携連絡協議会は、2月12日に会議を開催し、会員の来年度の取組方針やスケジュール等について、意見交換や情報共有を行いました。

続きを見る


イメージ

ジオファーム八幡平では、競走馬や乗用馬が引退後に活躍できる仕組みを確立することを目指すプロジェクト「Food Action for Horse’s」に取り組んでいます。

続きを見る


イメージ

2月6日(土)から14日(日)まで、一関市千厩(せんまや)町の千厩ショッピングモールエスピアで「せんまやの名馬 大夫黒特別展」が開催されました。
千厩町は昔、千の厩(うまや)があったことが地名の由来と言われる馬産地で、源義経の愛馬“大夫黒(たゆうぐろ)”は千厩で生まれたと伝えられています。

続きを見る


イメージ
遠野馬の里で「越冬放牧」 :遠野市
2021/01/26

遠野馬の里では、昨年生まれた当歳(とうざい・とうさい)馬を生産者から預かり、馬同士が集団生活しながら冬を越す「越冬放牧」を行っています。
今年は、「遠野市乗用馬市場1歳馬の部」への出展を目指し、11頭の馬が集まり、ひと冬を共に過ごします。

続きを見る