ホースセラピーについて①
2020.09.29

ホースセラピーについて①

「アニマルセラピー」という言葉を、皆さん耳にしたことがあるかと思います。セラピーは「療法」と訳され、これは動物を通じ肉体的、精神的な癒しや効果を得ようとすることになります。学校や高齢者施設等、様々な施設へ動物が訪問したり、リハビリテーションに動物を用いたりと、日常の様々な場面で目にすることができます。
ここでは、動物の中でも馬を通じた「ホースセラピー」について、御紹介します。

1 <ホースセラピーとは>
乗馬のほか、馬の手入れや飼養管理、厩舎での世話や清掃など、「馬と共に生活する」経験を通じて障がいのある人の運動機能や精神機能を向上させ、社会復帰を早めるリハビリテーションを行うことです。
正式には「ホース・アシステッド・セラピー」といいます。

2 <他のアニマルセラピーとの違い>
どのようなアニマルセラピーでも餌を与えたり、触れ合うことができますが、アニマルセラピーの中でもホースセラピーは、生きている馬に「乗ることができる」のが大きな特徴です。
馬に乗り、揺れや振動を体感することで股関節や下半身を中心に全身へ刺激を伝えることができます。ストレッチや筋肉トレーニングが自然に行えるほか、馬のリズムに合わせて体勢を整えることは、自然に平衡感覚を養うことにつながるなど、身体的・精神的な効果が大きく期待できます。

3 <ホースセラピーの効果>
セラピーでは馬に乗ることで、次のような効果があるといわれています。
○身体的な効果
・全身の筋肉が鍛えられ、運動機能や平衡感覚が鍛えられる。
○精神的な効果
・「馬に乗れた」という満足感、「馬を操れた」という自信が生まれる。
・乗馬を通じ、馬と意思疎通を図ることで自身の意思や感情を表現することができるようになる。
・また馬に乗りたい、触れ合いたいという、積極的な精神作用が芽生える。
○教育的な効果
・継続的に馬のお世話をすることで責任感が養われる。
・乗馬の指導者とのコミュニケーションを通じ、自立心やコミュニケーション力が養われる。

(②に続きます)

――

ホースセラピーに関心がある方は、次の施設にお問い合わせください。
■馬っこパーク・いわて
住所:滝沢市砂込389-18
電話:019-688-5290
ホームページ:https://umakkopark.wixsite.com/umakkoiwate

■三陸駒舎
住所:釜石市橋野町第9地割44-7
お問合せフォーム:https://kamakoma.org/contact/
ホームページ:https://kamakoma.org/