岩手大学馬術部を訪問:盛岡市
2020.12.24

岩手大学馬術部を訪問

岩手大学馬術部は、8頭の馬を保有し、現在12名の部員が大学敷地内の馬場で活動しています。
動物と体を動かすことが好きな主将の海野さんは「馬術は年齢、性別に関係なく楽しめるのが特徴だと思います。最初はうまく乗れませんでしたが、最近では馬も指示を聞いてくれたり、思うような動きをしてくれたりした時に乗馬をやっていて良かったと思います」と乗馬の楽しさを話してくれました。
いろいろな大会に参加している同馬術部は、今年全国大会へも出場。今後の目標は、次回も全国大会に出場し、納得できる成果を出すことだそうです。
馬との触れ合いを大切にし、技術向上を目指す岩手大学馬術部部員の活躍が期待されます。