第一回馬事文化シンポジウムが開催されました:遠野市
2018.02.14

第一回馬事文化シンポジウムが開催されました

2月7日(水)、あえりあ遠野(遠野市)で「第一回馬事文化シンポジウム」が開催されました。

このシンポジウムは、岩手県に昔から伝わる「馬事文化」を県特有の観光資源と位置付け、この継承と、インバウンドも含めた来県者を獲得するための課題やこれからの取組について考えることを目的に行われました。

第一部では、岩手県立大学総合政策学部教授 倉原宗孝さんが「岩手の馬事文化を耕す」 ~旅するきっかけ作り~をテーマに基調講演。第二部では、実際にインバウンドに対応している、花巻温泉の陳 美慧さん、ホテル長栄館のエチエバン・セバスチャンさんなど、観光と馬事に関わる7名によるパネルディスカッションが行われ、約130名の来場者は耳を傾けました。

多くの地域で観光客の獲得が課題とされる中、「馬」をアイテムとした岩手県のPR活動に期待が寄せられます。