Tyle = 無し
「岩手の馬文化」企画展開催中:盛岡市
2019.06.19

「岩手の馬文化」企画展開催中

岩手県立図書館(いわて県民情報交流センター[アイーナ]内)で「岩手の馬文化」企画展が開催されています。

企画展では、古文書や書籍、写真など163点の資料が展示されており、軍事、輸送、農耕など馬と人との関わりがわかりやすく解説してあります。

展示品の一つの南部九牧之図(木崎牧)は、南部氏の始祖が、甲斐の国から糠部地方(現在の青森県東部から岩手県北部)に赴任し、地域を九つの部(戸)に分け、それぞれに牧場を設けたとされたことの絵図の一つで、今でもこの地域には、一戸町から九戸郡まで「戸」のつく地名が残り、その面影を伺うことができます。

また、馬産地岩手では、藩政時代から神社境内での奉納競馬が行われており、現在に至るまで庶民の娯楽として広く親しまれてきましたが、企画展では、近代競馬のはじまりから、県内に2つある競馬場の紹介まで、競馬に関する展示も行われています。

企画展は7月28日まで開催されており、入場は無料ですのでお気軽にお立ちよりください。